【お問い合わせ】 電話:042-708-8667(10時~20時 土日祝 対応) お問い合わせフォームは24時間対応です
相続・遺言でお悩みの方は当事務所まで

この事務所、この人に相談して大丈夫だろうか?
相談すること自体にためらいや不安を持つのは当然のことです。
そんな方は、是非、いままでにご依頼頂いた皆様の声をご覧ください。

お客様の声を確認する

行政書士 山口雅弘

遺言書

遺言書の種類と特徴

遺言書の種類として、大きく分けて、 普通方式と特別方式との2種類があります。特別方式の遺言は、死亡が間近に差し迫った場合や、船に乗って遭難した場合など、極めて、限定的かつ例外的な状況のときにのみ使用されうるものです。 ここでは、通常...
名義変更

不動産の名義変更

不動産の名義変更手続き 被相続人の不動産を相続人が引き継ぐ為には、相続を原因とする所有権移転登記の手続きをその不動産の所在地を管轄する法務局に対して行うことになります。管轄の法務局に「所有権移転登記」を申請し、遺産分割協議により不動...
遺言書

遺言で実現できること

法的に意味があるものとないもの 遺言には、法的に有効な遺言内容と、法的には意味のない遺言内容に分けられます。 法的に有効な遺言内容とは、法律で定められた方式に従って作成されたもので、法定遺言事項といいます。一方、法的に意味のな...
遺言書

遺言書について

遺言書にどんなイメージをお持ちですか 遺言書というと、多くの人は、映画やドラマのサスペンスを想像するかもしれません。お金持ちの家の主人が残すものというイメージでしょうか。 遺言というと、遺産の指定に注目が集まりますが、それ以外にも遺言書...
遺産分割協議

遺産分割協議のポイント

遺産分割協議を上手に進めるためのポイント 遺産分割は相続人の妥協の産物です 遺産分割が法定相続分どおりにきっちり分けられるケースはあまりありません。不動産やその他の動産など分けられないものほど価値の高い遺産だったりする為です。...
相続人調査

誰が相続人になるのか

相続人とは 人が亡くなると、亡くなった人の財産等を、生きている人が承継します。この財産等を承継する人が「相続人」です。一方、亡くなった人のことを「被相続人」といいます。 誰が相続人になれるのかは民法で決められています。この民法...
相続人調査

法定相続情報証明制度を利用するメリットと手続き方法

法定相続情報証明制度 法定相続情報証明制度は、登記所(法務局)に、被相続人の相続関係を一覧にした図(法定相続情報一覧図)を戸籍謄本等の必要書類と併せて提出し受理されると、相続人は登記官が認証文を付けた一覧図の写しの交付を...
相続人調査

戸籍を請求する際のポイントについて

戸籍とは 戸籍とは、戸籍に記載されている人の国籍や家族関係などについて公に証明する資料のことです。現在の戸籍は、家族単位(夫婦とその未婚の子)で編成され、氏名、生年月日、両親の名前、婚姻関係、出生死亡などが記載されています。 ...
相続人調査

相続人の調査(戸籍の収集)

相続人の調査(戸籍収集)とは 相続人調査とは 相続人の調査とは、被相続人の相続について、誰が相続人としての権利・義務を有するのかを調べることです。 具体的には戸籍謄本等の資料を収集し、それをもとに相続関係説明図を作成します。こうす...
名義変更

遺産の名義変更

遺産の名義変更をする 遺産分割協議まで完了すると、次は、遺産の名義変更手続きが待っています。いくら遺産分割協議がまとまっても、名義変更しないでいると公には相続人のものとして認めてもらえませんので、早めに名義変更を行いましょう。 遺産...
タイトルとURLをコピーしました